女性

うつチェックをして早期発見をしよう|治療とチェックの基準とは

症状に特徴がある

男の人

厚生労働省の調査では、日本人の15人に1人がうつ病を患っていることがわかりました。また、他の病に比べると発症率がとても高く、今なっていなくても油断できません。近年では、うつ症状を訴える人が増えておりとても身近な病として認識されています。うつ病と一口で言えないほど種類も多く新型のうつ病が現代人の心と身体を蝕んでいます。うつ病は適切な治療をすることで必ず治る病気です。反面、何かがきっかけで再発する恐れがあり、しつこい面をもっています。またうつ病の苦しみも周囲が理解してくれないことが多く一部では怠けているだけ、心が弱いからだと厳しい意見が飛び交っています。うつ病患者本人は、周囲に迷惑をかけないように懸命に頑張りますが、本人にくるストレスはとても大きいでしょう。それが負担になりうつ症状がどんどん進んでしまうのです。口数が減ったり目に生気が感じられなかったり等の症状が出ている時、真っ先に指摘をして治療を促すことが完治への近道なので、注意深く観察することが大切です。うつ病に寄り添うことで本人に重くのしかかっていたプレッシャーをなくすことができます。そのためには、上司や家族の理解が必要になります。適切なサポートをするためにも2種類のサインは頭に入れておくべきです。一つ目は心のサインです。何に対してもやる気が出ない、何かをする時も億劫で仕方がない、理由もなく落ち込み生きる活力が湧かない、悲観的な考えになり自信がない等ネガティブな心理状態に陥ります。身体のサインは、寝つきが悪くいつもすっきりしない、過眠気味である、食欲がなくいつも寝込んでいる等も見逃したくないチェックポイントでしょう。うつ病の多くは心因性によるものなので、基本的に放置されることが多いですがこれらの症状すべてにチェックがついた時、迷わず心療内科や精神科を受診することが改善への道になります。

家庭でのサインは、一緒にいる時間が長いので発見しやすいです。チェックする箇所は日ごろの生活態度です。例えば、今までおかわりするほど食欲旺盛だった人がある日を境に激変し、まったく口にしなくなった場合は要注意です。放置すると身体がどんどん細くなり入院する事態に陥ります。他にも口数が激変したり明らかにぐったりしていたり等も、家庭でよく見かけるうつの症状でしょう。また意欲が低下しているので部屋も荒れ放題な場合がほとんどです。ひどいとごみ屋敷レベルなのでこの時点で変化が分かります。そして風呂に入ることさえできなくなり、歯磨きも疎かになります。これらをよく観察し、チェックをしていけばうつ病かどうかがはっきりしますのでその予兆がある時の参考にできるでしょう。