女性

うつチェックをして早期発見をしよう|治療とチェックの基準とは

基本的な治療

病院

現在行われているうつ治療は診断をする時点で厳しいチェックがされています。そのため、うつ病の症状を見逃すことなく確実な診断を下すことができるでしょう。チェックでうつ病だといわれた時、早急に治療を開始します。また、十分な休息が必要なので周囲の協力は必ず必要になるでしょう。ただうつ病を発症している時は、本人も気を遣って行動しようとするため、それを阻止できるような環境を整えることが重要です。そしてうつ病になった原因も普段から人一倍頑張りすぎていることなので心に余裕を持たせるためにも最適な環境で休養することがとても大切になります。また生真面目だと仕事や家事を休む事に対して罪悪感に苛まれてしまいます。この罪悪感を取り除くためには、身近な人が症状を理解することが重要です。それを踏まえた上でなぜ休養が必要なのかそれをうまく伝えることができるので効率よく治療を進められるでしょう。一方休養中も、仕事や家事が気になって中々休まらないこともあります。この状態はストレスを蓄積させる要因なので治療の妨げになるでしょう。解放された空間でじっくりと治療に専念する時は入院が一番です。費用と時間はかかりますがそれ相当の効果と十分な休息がとれるので最終手段として考えます。

うつ病の症状を和らげるために使われるのが抗うつ剤の服用です。医師によるチェックでうつだと診断された時症状を緩和させる薬をいくつか処方されますが、すぐに効果が出ないので途中でやめる人も少なくありません。最低でも2週間は様子を見ましょう。抗うつ薬はじわじわと心と身体に効いてくるため、焦りは禁物です。しかし中には抗うつ剤に抵抗がある人も多く積極的に飲もうという気持ちが見えません。副作用もありますが強くは出ないので負担は少ないでしょう。そして医師の指示で正しく服用すれば、薬もそれに従うので症状を確実に和らげることができます。また薬の量を減らしたり増やしたりする時は必ず医師へ相談をしましょう。医師が症状の変化と効能をチェックして必要なら薬を減らすことができます。しかし、チェックの時点で効果があまり見られない時は他の薬を試して観察していきます。抗うつ剤と共に行なわれる精神療法ですが、近年は薬に頼らず治療を進めるのが一般化しています。不安を抱えている患者と向き合うのはカウンセラーや医師で現在抱いている悩みと不安を確認するほか、本人が感じていることを受け止める役目をします。また、うつ病によくある不定的な思考パターンを少しずつ取り除く治療をするのでより前向きな考え方が可能でしょう。