女性

うつチェックをして早期発見をしよう|治療とチェックの基準とは

悩みが多い

女医

学校という限られた空間の中で、みんな必死に生きています。人間関係を上手に構築するためグループに入ったり友達に合わせたりなど仲間はずれにされないようこの時期は必死になります。うつになる主な原因は心因性のもので、その中には人間関係も含まれます。今までうまく立ち回れたはずが何かをきっかけに壊れてしまうこともあります。多感な時期にそれを経験するとストレスになり進んで学校にいけなくなるでしょう。思春期にも大人と同様にうつ病を発症するケースが多いです。また症状が出る理由としては、内省化能力と言語化能力が不十分であることが関係しており、心理面や行動でうつ同様の症状が見られる時もあります。思春期に起こるうつは、抑うつ病と意欲の低下が一般的ですが、具体的に挙げると学校不適合や食欲不振、睡眠障害、非行があります。また、反社会的になるので我が強くなる場合もあります。わが子がうつ病かチェックする時は、この部分に着目すると大体は判断できるでしょう。他の方法は、心療内科や精神科へいき医師がチェックをするというやり方です。こちらの方が経験も豊富ですし適切な治療方法を提案してくれるので心強いです。特に思春期時代は、うつ病を発しやすいので完全に治さないと大人になってから症状をぶり返すことも考えられます。精神状態が安定していないと知った時やチェックの時点で分かった時が治療のタイミングなのでサインを見逃さないことが重要です。大人が発症するうつ病との違いは、抑うつの症状を全面に出さないことでしょうか。この状態を他人に感づかれるのが嫌なので部屋に閉じこもることが多くなります。また、一人で居たがる場合もチェックポイントになりますから、見逃さないようにしましょう。

思春期で起こるうつ病ですが、必ずしも発症しているとは言えない状況です。わが子の様子を観察して苦痛を感じている、あるいは学校生活で明らかに支障をきたしている、そして社会との関わりを持とうとしないという場合は、心療内科や精神科への受診を前向きに考える必要があるでしょう。思春期に起こるうつ病の治療は、抗うつ薬の服用と認知行動療法の二つを組み合わせるのが一般的です。その上で医師や家族、学校関係者の協力でうつ病の症状を改善するための環境作りに精通することが心を元気にするきっかけ作りになります。そのためには、周囲もうつ病に関して理解をすることが重要でしょう。一番は心に蓄積されているストレスの緩和と、十分な休息なので焦らずゆっくり実行していけば元気を取り戻すことができます。