自分のことだから気付きにくい簡単チェックで今すぐ診断

うつチェックをして早期発見をしよう|治療とチェックの基準とは

症状に特徴がある

うつチェックでその傾向があると結果が出ても落ち込む必要は一切ありません。うつはとても身近な病なので、誰もが発症する可能性をもっています。日本人の15人に1人がうつ病という結果も出ています。

悩みが多い

思春期になると多感なので、ちょっとした出来事にも敏感に反応します。また、多感な時期だからこそうつ病を発症することもあるでしょう。チェックをすれば早期発見ができます。

基本的な治療

チェックをした時にうつを発症していることが分かったら治療に取り掛かります。抗うつ剤の服用とカウンセリング、心理療法を加えながらじっくり進めていけば快方に向かいます。

見逃さない

様々な事が原因でうつ病になることがありますが、発症する時に何かしらの変化があります。うつのサインを見逃さないためにも日ごろからチェックを欠かさず行なう事が重要でしょう。

病気を理解する

腕を広げる人

うつ病は、特定の人だけがなるわけではなく地球上に存在するすべての人間に発症する可能性をもっています。そのため、自分は強いから平気という考えは即刻捨てるべきでしょう。うつ病は別名心の風邪といわれており、ふとしたきっかけで心に住み着きます。気づけば仕事や生活に支障をきたす程落ち込み、最悪の結果を招くケースがあり油断できません。うつ病になる前に進んでチェックすることが今後重要になるでしょう。うつ病を早期発見できれば適切な治療ができるので心療内科や精神科は、少しでもうつの症状が見られたら受診をするよう呼びかけています。そもそもうつ病とはどのような病気なのか、世間では名前が浸透していても中身をしっかり理解している人が少ないです。また、うつ病が重症化するとやる気がなくなり塞ぎがちになるため怠けていると認識されるケースもあります。そのため、うつの症状が家族や恋人に現れていても病院への受診を促さないことが時折あります。病は気からという言葉がありますが、身体と心の不調もリンクしているものです。そして、憂鬱な気分が何日も続くと食欲や睡眠欲、性欲といった三大欲求が徐々に減ってしまうため、頭痛や発熱等の症状を引き起こす場合もあるでしょう。一般的に、この状態が続くと内科を受診する人も少なくなく、詳しい検査をしても内臓系はとても元気です。この時は不調を和らげる薬を処方されますが、うつからきている症状なので服用しても劇的に回復することはありません。その場合は内科ではなく、心療内科や精神科へ受診をして詳しいチェックをすると大半がうつ病だと診断されます。

うつ病のチェックで引っかかる症状は突然悲しくなり意気消沈する事、物事に対して興味が薄れ楽しめなくなる、食欲不振や過食に走りやすくなり一か月で体重が増えた等が主なチェックポイントです。また、うつ病になると落ち着きがなくなり集中力も散漫になります。仕事中も不安が襲い掛かり何をしてもうまくいかないとストレスになるでしょう。何故できないのか、どうしてこうなったのか自分を責める時間が多くなると、次第に気持ちが無になって何も考えられなくなってしまいます。これらの症状を呼び寄せる主な原因は現在はっきりと解明されていません。そのためうつ病にはこの治療が絶対に効くという保証がなく、医師がうつ状態をチェックして手あたり次第試すような感じでしょう。それでも医師の適切な判断と様々な治療法のおかげで完治できた人もいますから、希望を捨てるのはまだ早すぎます。最近はうつ状態のチェックをサイトで行なう事が可能となりました。当てはまる項目へチェックするとうつかどうかがすぐにわかるため、うつ病のような症状が出ている時は積極的に使っていきましょう。当てはまる数が多いとよりうつ病の傾向が強くなります。